六月初めになると沢山のホタルが飛び交 う博要のホタル水路。 ホタルの里づくりを始めて三〇年たった今 も地元の活性化グループを中心に、水路の草 刈、掃除やホタルの餌となるカワニナの養 殖が行われています。 昭和四〇年から五〇年代にホタルが全く 見られなかった頃「何とかして昔のように

ホタルの飛ぶ姿が見たい!」という若者の 想いが地域を動かしました。まず水質浄化 のための汚水処理。そしてホタル水路の自 然石による整備などを地域ぐるみで協力し 合い実現させたのです。その甲斐あって、 毎年開催されるホタルまつりには近郷だけ でなく、遠くは大阪や名古屋方面からひと ときの癒しを求めて多くの人が訪れます。